海外旅行保険の賠償責任の事例 | 色々あるよ!海外旅行保険

色々あるよ!海外旅行保険
Home » 海外旅行保険の色々 » 海外旅行保険の賠償責任の事例
海外旅行保険の色々 | 05月09日更新

海外旅行保険の賠償責任の事例

海外旅行保険は賠償責任を負ったときにも役立ちます。
そのような事例をご紹介しましょう。
まずこれがどういうトラブルなのかというと、アナタが「加害者」となったときの話です。

加害者と言われて自分には関係ないと思う方が大半かもしれませんが、そうでもありません。
わざとではなかったけど、誰かや何かを傷つけてしまうことってありますよね。
たとえば、バスに乗るために走っており、目の前の人にぶつかって相手は転倒。
勢いや転び方がひどく、被害者は足を骨折。
その治療費と慰謝料はもちろんのこと、このケガにより働けなくなったということで、その休業期間の補償まで含め、1000万円近い賠償責任を負うという事例もあります。
このようなケースの他、ホテルに飾ってあったツボにぶつかって落下させ、破損させてしまい、100万円近い賠償責任を負うという事例もあります。

このようなとき、賠償責任補償もついている海外旅行保険なら、これら被害額を補償金でまかなえます。
アナタが自分で高額な補償を出す必要がありません。
ちなみに、普段国内でアナタが入っている生命保険や火災保険などの補償は海外では使えないことが多いです。
普段、このような賠償責任を別の保険でまかなっている方はご注意ください。

top